アセンブリコードで遊ぶ

昨日(http://d.hatena.ne.jp/cocoatomo/20080912)は解説まで書いた後、力尽きて寝てしまった(汗)
今日午前中に三度寝くらいして元気になったので、続きを書くよ。

まずは最適化をかけていないアセンブリコードを扱っていく。その方が C のソースとの対応も見易いし。最適化の話はまた後日する。

これは変数の宣言だけするプログラム。

int main ()
{
	int x;
}
	.text
.globl _main
_main:
	pushl	%ebp
	movl	%esp, %ebp
	subl	$24, %esp ;←
	leave
	ret
	.subsections_via_symbols

main の中身が何も無かった場合と比べて、_main: の3行目(コメントがあるところ)が異なっている。